たまには温泉で至福の美顔ケア

日常生活でのストレスや疲れを癒すために、温泉へ行くという人は多いです。
温泉選びの基準は、曖昧であることが多く、温泉地の雰囲気や人気度といったものです。
忙しい時間をやり繰りして出掛ける温泉旅行。
女性なら、たまには泉質にこだわって温泉選びをしてみてはどうでしょうか。

昔から、温泉には、「美人の湯」と呼ばれるものがあります。
その名の通り、お湯に入ると、肌がツルツルして美顔になれると名高い温泉です。
「美人の湯」と呼ばれる温泉の泉質は、炭酸水素塩泉・硫酸塩泉・硫黄泉・(弱)アルカリ性単純温泉の4種類です。

「美人の湯」の代名詞ともいえる硫黄泉は、「美白の湯」とも呼ばれ、メラニンの排出を助ける作用があると言われています。
炭酸水素塩泉や(弱)アルカリ性単純温泉は、古い角質や汚れを落とし、肌を滑らかにする作用があると言われています。
硫酸塩泉は、肌を引き締める作用があると言われており、ハリを求めたい時に期待がもてます。

温泉街の女性には、美人が多いと言われています。
それは、美顔に効果的な成分が含まれている温泉に入る機会が、温泉のない地域の女性に比べて多いからです。
温泉地は、日常のストレスから解放されリラックスできる場所です。
そのような場所で、ゆったりとお湯に浸かるだけで美顔ケアができるのは、女性にとって至福の時かもしれません。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑