効果的に美顔になる温泉の入り方

美顔効果を求めて、「美人の湯」と呼ばれる温泉へ行く女性は少なくありません。
ところが、温泉の正しい入り方を知らない女性は、意外と多いようです。
温泉の美容的効果を惜しみなく得るためにも、正しい温泉の入り方を知っていて損はありません。

温泉地に着いたら、目的の温泉に一刻も早く入りたいと気が焦り、早々に温泉に入ってしまう人をよく見かけます。
しかし、これは、美容的にも健康的にも好ましい行動とは言えません。
なぜなら、温泉地までの道のりに関係なく、身体は思っている以上に疲労しています。
また、温泉はリラックス効果が高いイメージですが、意外と体力の消耗も要します。

したがって、温泉地に到着したら、甘いお菓子などを食べてエネルギー補給をしながら、身体を休ませることが大切です。
また、美顔に効果的な温泉成分を効率よく吸収するために、入浴前に血液をサラサラにしておくことも大切です。
それゆえ、入浴の15分前にお茶などで水分補給をします。

そして、多くの人が、遂やってしまうのが上がり湯です。
通常のお風呂であれば、上がり湯は常識ですが、温泉の場合、上がり湯をしてしまうと肌についた有効成分が流されてしまい、美顔効果が半減してしまいます。
それゆえ、温泉では、上がり湯をせずに出るのが好ましいです。
温泉に入るのなら、効果的に入浴をしたいものです。

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑