低カロリーダイエットは食べる時間を考える

低カロリーの食事でダイエットしている人は、低カロリーの料理を食べるだけで痩せれると思いがちですが、食事をする時間や回数などを規則正しく行わければ痩せにくくなることもあります。
また乱れた食事のリズムをしている人は、食事のリズムを整えることが先決になり、食事の回数は1日3回にしたほうが良いですし、夜遅く食べるのはなるべく避けるようにすると良いでしょう。
それに体を動かした後に食べるのではなく、体を動かす少し前に低カロリーの料理を食べるようにしたほうが良いですし、1日3回の食事の間隔は4時間から5時間は空けるように心がけておきましょう。
そして食事の量の配分を分けたほうが良いと言われており、理想とされている食事の配分は、朝食4・昼食4・夕食2が理想とされていて、夕食を少なくするのがダイエットにとって重要と言われています。

このようにダイエットをしている人は食事の量や回数、それに時間帯を計画的に行っていけば、ダイエットの効果を得やすくなりますし、健康的にダイエットを行えますので体の調子も良くなると言われています。
また仕事などで夕食の時間が遅くなる人は、徹底的に低カロリーの料理をなるべく早い時間に食べるようにしましょう。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑