シミの種類を知ることがポイント 

肝斑の俗称は「シミ」で、おもに30歳~40歳の女性の顔の、前額やほお骨、口の周辺などでシンメトリー性のある色素斑のことをいいます。特に日本人に多いシミの種類で、生理の前後に色が濃くなることも多く、一般的に直すのが難しいといわれていますが、自然になくなることもあるようです。

皮膚のターンオーバーを促進させるためのケミカルピーリングや紫外線予防、美白ケア、ビタミンCの補給など、自分でできることもありますが、なかなかしぶといのも肝斑の特徴です。

気になるようでしたら一度、美容皮膚科で診察して貰い、治療を受ける方がいいでしょう。
内服薬も必要になるかもしれません。

美容整形より、専門の美容皮膚科に行った方がいいかもしれません。

診察では、シミの種類を診断するところからはじまります。
そして、治療方針を決めていきます。
肝斑は、紫外線が原因になる単純なシミと異なり、原因が複雑なことからレーザー治療は、症状を悪化させる恐れがあります。

肝斑の治療には、色素沈着抑制効果のあるトラネキサム酸を主成分にした内服薬が効果的です。
内服薬の治療効果は、 5週間前後で現れてきます。

単純に、そのシミが肝斑だけなら内服薬で改善されていきますが、他の種類のシミと複合的に重なっていた場合、いろいろな治療が組み合わせされるようです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑