美顔のために一度は浸かりたい神の湯

2013年は、全国の神々が集まる神社として有名な出雲大社の60年ぶりの「大遷宮」の年です。
60年ぶりの「大遷宮」という珍しい年に、”神の湯”と呼ばれる玉造温泉のお湯に浸かってみてはどうでしょうか。
玉造温泉は、日本最古の美肌温泉としても知られており、女性なら一度は美顔作りのために訪れて欲しい温泉地です。

西暦733年の出雲国風土記には、「ひとたび灌げば形容端正しく、再び浴すれば万の病ことごとに除こる」と記載されいます。
つまり、玉造温泉のお湯で、一度洗えばお肌がしっとりすべすべ、二度入ればどんな病気もたちまち回復するという意味です。
現在でも、玉造温泉に入った女性の多くが、しっとり感やスベスベ感といった女性の肌に嬉しい効果を実感しているようです。

玉造温泉の泉質は、低張性弱アルカリ性高温泉です。
そのため、優しく皮脂を溶かし、角質を軟化させる働きがあるため、ツルツル感やしっとり感を実感しやすいです。
加えて、温泉水の粒子が細かいので、角質に浸透しやすいという特性があります。
それゆえ、温泉成分が含んでいる大量のミネラル成分が、皮膚表面で保護膜を作り保湿効果を促してくれます。

美顔作りには、汚れや古い角質の除去、そして、水分補給と保湿は欠かせません。
玉造温泉のお湯は、いわば天然の化粧水といえます。
天然の化粧水に浸かって、究極の美顔ケアを行てみてはどうでしょうか。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑