低カロリーダイエットでもよく噛んで食べる

ダイエットを成功させやすくするには色々な方法があり、その中でもカロリーの低い食事を食べることで摂取カロリーが減り、太りにくくすることができて結果的にダイエットが成功すると言われています。
また低カロリーの料理を食べるときだけに限らず、どんな食べ物をたべるときも噛むことが重要となり、しっかり噛むことで大脳の視床下部にある満腹中枢を刺激して満腹感が出ることで食事の量が減ります。

それに満腹感は食べ始めてから20分後くらいに出てきますので、20分くらい掛けて食べるのが良いと言われていますが、しっかり噛んでいれば20分くらいはあっという間なので試してみてください。
しかししっかり噛んでいても早食いになってしまう人は、低カロリーの野菜を始めに多く食べておくと良いですし、マナーは悪くなりますが1口ごとに箸を置くことや誰かと話しながら食べるのも良いでしょう。

そして1度口に入れたものは15回から20回くらいは噛んだ方が良いと言われており、何回も噛むことで食べたものを消化しやすくなって、体の中に溜めこんでしまう事が無くなりダイエット効果があるからです。
低カロリーなものをよく噛んで食べればダイエットの勝ち組になれるでしょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑